menu

目次

menu

FPK×FDH

本多 遼太郎との出逢い

遡ること9年前…。弊社、社員の結婚式からのご縁でした。
その時は、全くお互いに知ることもなく…。

それから、月日は流れ街中で小さなイベントが行われていました。
生演奏を聴きながら空間を楽しむ大人たち。
少し変わった珍しい植物たちが異空間を演出していました。
そこでひときわ輝いて楽しそうにラッピングをする方と出会いました。
話をするうちにわかった事が社員の式場の横にあったお花屋さんは、本多さんが独立する前に働いていたとの事。

そして今、点と点が線でつながることができました。
本多さんと一緒にその線を積み重ね、お客様の記念すべき日に大輪の華を添えていこうと思っています。

記念式典、祝賀会、セレモニーといった人と人とをつなぐ行事に 欠かせないものは、お花ではないでしょうか?
空間を彩り、想いをかたちにすることのできる最高の贈り物です。

そんな記念すべき日をお手伝いさせて頂く私たち。
同志の作品でその空間を演出したいと私たちは、考えます。

数多くの有名ブランド、有名アーティストとのコラボレーション。
実績は、作品を見て頂ければきっと伝わるはずです。

テント、アルミトラスといった、
そこにあるだけでは、無機質なもの。
そこに生命を吹き込むかのような演出をしてくれる人
それが、フラワーデザイナー 本多 遼太郎なのです。

フラワーデザインホンダについて

花を使ったギフトや演出は、空間を華やかにし、空気感を変化させることで、 受け取った方だけでなく、その空間を共にする方々全員の心を豊かにします。

私たちの制作する作品は、ギフトを贈った方と受け取った方の絆、空間を共に過ごす方々の関係性をより強くするものでありたいと考えています。

そのために、私達は贈る方と受け取った方の「関係の変化」を大切にしています。

作品をきっかけに繋がりが深まり、贈った方と受け取った方の関係は変化します。
友人から恋人へ、恋人から夫婦へ、先生から恩師へ、親子から母娘へ・・

作品はシーンごとに絆を深めるきっかけになります。
そのために、私達は贈る方と受け取った方の「関係の変化」を大切にしています。

「今の関係性」を、「今後の関係性」へと発展させる
きっかけとなるもの。
これを作品として表現することを、
Flower Design Hondaは何よりも重視しています。